【NPOって何だろう?】意外と知らない!?「NPOについて」超わかりやすく解説します

こんにちは!アンリーシュ編集長のなおこです。

初めましての方もそうではない方も、よろしくお願いします。

さて、今日は「NPOってなんだろう?」というお話をしていこうと思います。

NPOって、よく聞くけど、実際何なの?って思いませんか?

なんとなく、「NPO=社会に役立つことをやってる人たちかな?よくわかんないけど…」といった、そんなイメージじゃありませんか?ボランティアなのかな?みたいな。

今日はその辺りの疑問にズバッと答えていきますよ〜!

NPOとは町内会のようなもの?

NPOとは、「ノンプロフィット・オーガナイゼーション」で、直訳は「非営利団体」となります。

非営利って…どういうこと?利益出しちゃいけないの?って思いますよね。

非営利ってどういうこと…?

「非営利」はですね、実は、「利益を出してはいけない」ではなく「利益を分配してはいけない」ということなんです。

わかりやすくするために、ちょっと、町内会を思い浮かべてみてください。

町内会って、会費を集めたり、お祭りで焼きそば売ったりして、それで活動資金を得て活動していますよね。

でも、例えばある年、焼きそばが売れに売れて、めっちゃ儲かっちゃった年があったとする

じゃあその儲かったお金、何に使うの?ってなるわけです。

そのお金を、儲かったからと言って、一部の人だけで豪華な旅行とかに使ったりしてたら、みんな「はぁ?」ってなりますよね。

もっと町内の美化とか、お年寄りだけで困ってる家を手伝うとか、小さい子どもたちのために夏休みにイベントするとか、そういう「町内のために」使えや!ってなりますよね。

これが、「非営利」の考え方です。

町内会だったら、町内のために一生懸命いろいろやって、その結果利益が出たら、それをちゃんとまた町内のために使いましょうねということです。

この「非営利」の考えに基づき、非営利目的の団体の中でも特に、社会貢献を目的として活動している団体を「NPO」と呼んでいるのです。

アンリーシュも、メディア運営やYouTube、皆様からの寄付で集まったお金を、「webメディアをもっと欲しい情報を探しやすく改善しよう」「記事を書いてくれたママに報酬を出すことで社会復帰を応援しよう」といったことに使っています。

でももっとやりたいことがあるから、今はがんばって団体を成長させようとしていますよ!

NPO法人って何?

さて、NPOについてちょっとわかってきましたね。ここからは一歩進んで、「NPO法人って何?」について説明していきます。

私たちアンリーシュも「NPO法人」です。

NPO法人とは、「法人格を与えられた非営利団体」のことなんです。

社会貢献活動をしていると、ある程度の「社会的地位や信用」が必要になってくることがあります。

例えば災害ボランティア。

災害時にはNPOが大きな活躍をします

突然やってきた大災害には、日本中からボランティアが集まります。でも、ただやみくもに活動しても人は救えない。

誰か現場の状況を把握し、効率良く人員を配置し、足りないものがあれば正確に外部に伝える、「統括する」役割の人が必要になってきます。

これを担うのが、NPOです。

するとそのNPOを窓口として、次は「ボランティアに行くことはできないけど、このお金で必要なものを買って下さい」などと寄付が集まり出します。

でもそのお金を、まさか現金書留で送るわけにはいきませんよね?

銀行振り込みやクレジットカードを使って払うわけです。

そのためには「振込先口座」が必要で、ここで法人になっていると、「法人名で振込先口座を作る」ことが可能になるのです。

災害ボランティアのために使って欲しいけど、寄付金を個人の口座に振り込むのって、(私のお金、ちゃんと困ってる人のために使われるの…?)ってなんか心配になりますよね。

でも「NPO法人〇〇」とかなら安心だったりする。

法人とは「国から出された一定の基準をクリアした団体」であり、会計基準なども明確に定められています。

これが、「社会的信用」となってくるのです。

アンリーシュも、国が定めた「NPO法」という法律に基づき、NPO法人となっていますよ!

行政の手が届かない部分を担う!NPOの役割とは

さて次は、「NPOの役割とは?」について触れていきます。

ちょっと長くなってきましたがついてきてね。

先ほどの「町内会」や「災害ボランティア」ですが、「それって国や自治体がやればいいんじゃないの?だってそのために税金払ってるんだから」って思う人がいます。

その通りです!

まさしく、国や自治体はそのために存在しています。

ですが、国や自治体は、「大きいことをするのは得意だけど、小さいことをするのは苦手」なんですね。

つまり、「この町のために、この川に橋をかけることはできるけど、町内のゴミ当番の管理まではやってられません」ということです。

得手不得手の問題なんですね。組織が大きすぎて、細かいところまではサービスが回らない。

なので、そこの部分をNPOが担い、役割分担をしているわけです。

行政よりも、より市民に近い存在。それが私たちNPOです!

まとめ

今日は、「NPOって何?」「NPO法人って何?」「NPOって何のためにあるの?」といったお話をしました。

このコラムでは、私たちアンリーシュのことや、みなさんが疑問に思っていることなどを不定期で発信していこうと思っています。

ご意見やご感想などもぜひお寄せ下さいね〜!

ここへのコメントや、インスタDM、公式LINEなどでみなさんの声をお待ちしています😊

それではまた。なおこでした〜!

 

アンリーシュでは、アンリーシュサポーターを募集しています。月々1000円からの寄付で、アンリーシュをサポートしませんか。