友達の子供が病気や障害…そんな時はどう接したらいいの?【前編】「言われて嬉しかったこと」

はじめまして!東京都在住アラサー栄養士のあまねです。

こちらは私が初めてアンリーシュで書く記事です。

現在、第一子の娘は3歳6ヶ月、第二子の息子は6ヶ月です。

第二子の息子は、非常に珍しい、冠動脈閉鎖&心筋梗塞の重度の心疾患児として生まれました。

私は、健康的な生活をしてきた自信があったので、それまで自分の子供が病気や障害を抱えるなんて想像もしていませんでした。

今までは見えていなかった新しい世界に飛び込んだ気分なので、せっかくなのでこの経験を活かしたい、伝えたいと思っています。

『何て言えばいいかわからないけど…』と言われた

私は妊娠中には特に異常も指摘されず、自分の子供は健康児と思い込んでいました。

出産後、息子は生後8日目に熱を出し、ICUに運ばれて心疾患だと知りました。一時は危篤と言われましたが、その後、なんとか厳しい状態を超えて体調も落ち着きました。

そして、周りの友達にポツポツと息子の状態を伝えはじめました。

その時に思ったことです。

(…みんな返答に悩んでいる…!)

ものすごい気持ちわかります。笑

私が逆の立場でも、正直何て言ったらいいかわからなかったです。

  • 励ましたいけど、不用意な言葉で傷つけたくない
  • 頑張ってと言いたいけど、言っていいのかわからない

私でもそう考えると思います。

友達からの返答は、

何て言えばいいのかわからないけど…

という冒頭文がよく見られました。

だよね。笑

なので、今後、もし皆さんの周りに同じような境遇の方がいた時に、どう声をかけたらいいのか、私自身が言われて嬉しかったことをお伝えします。

それぞれ違った状況だとは思いますが、今回の私は、出産後〜入院中(現在6ヶ月)です。 

言われて嬉しかったこと

頼っていいんだよ、と言ってもらったこと

いきなり病児を抱えると、家のことも満足にできなくなり、本当に猫の手も借りたいほどでした。

「でも家族の問題だから、家族でなんとかしなきゃ」と考えていましたが、家族だけでは乗り切れませんでした。

その時に、

「できることがあれば言ってね」「頼ってくれたら嬉しいよ」「助けたいよ」

など、周りに頼っていいんだよ、と言われた時に、ホッとしたのを覚えています。

優しく前向きな言葉をかけてもらったこと

「きっと大丈夫だよ」「子供の生命力はすごい」

「親の愛情が届いてるよ」「医療の力を信じよう」

などの、優しく前向きな言葉をかけてもらうのは、単純に嬉しいです。

親が1番前向きに考えなきゃと思ってるので、励ましてもらってありがたかったです。  

息子を可愛いと言ってもらったこと

どんな状況でも可愛い我が子を自慢したい親心はあります。笑

息子はICUに入院しており、親と祖父母以外面会できませんが、写真を見てもらうだけでも、可愛いと言ってもらえるだけでも、なんだか救われる気になりました。

「可愛いね」「写真見せて欲しい」「お見舞いに行きたい」

などは嬉しかったです。

ただ、傷や治療の写真は、見せたがらない親もいると思います。無理せずに関係性や状況に応じた方がいいですね。

今まで通りが一番嬉しい

友人の子供が病気や障害と聞くと、ショックを受ける方も多くいると思います。

親も落ち込んでいるとは思いますが、現実を受け止めようと努力してるはずです。

 

そんな時の接し方は、「今まで通り、普通に接する」が1番だと思います。

そしてその人があなたにとって大切な友人ならば、優しい言葉をかけてあげてください。また、物理的に支援できることがあれば、ぜひ申し出てみてください。

タイミング的にそれができなかったとしても、嫌な気持ちになることは絶対ないと思います。

 

次回は、もう一歩踏み込んだ、「やってもらって嬉しかったこと」です。お楽しみに!

 

【本日の動画紹介】

アンリーシュでは、YouTubeチャンネル「アンリーシュ日記」を運営しています!

本日ご紹介するのはこちらの動画。

 

【医療的ケア児】障害のある娘を可愛いと思えるまで…

です。代表金澤が、自身のお子さん「なおちゃん」を育てる上での思いを語っています。

 



***

医療的ケア児や難病というのは、人数が少なくそもそも知らない人が多いです。なので、一人でも多くの人に知ってもらう事が大切だと思っています。

アンリーシュYouTubeチャンネルの登録者数を1万人にして、多くの人に知ってもらいたいと思います。
チャンネル登録やシェアしていただけると幸いです。