気管切開 とは

(読み方)きかんせっかい

解説

肺に空気を送ったり、痰を吸引しやすくするために気管に孔を開けること

気管切開の適応

対象となる場合は、大きく分けて以下の2つ

長期的に人工呼吸管理が必要な場合

 呼吸機能障害や呼吸不全がある場合、人工呼吸管理のため、口や鼻から気管の中に呼吸のチューブを入れる(気管内挿管)ことになる。
しかし、呼吸のチューブを気管の正しい位置に挿管することはとても難しく、また、抜けないように常に注意が必要である。
このため、呼吸のチューブが長期で必要になるときは、気管切開を選択する場合がある。

その他気管切開が必要不可欠な場合

  • 喉から上の気道が狭いなどの理由で、呼吸のチューブを入れること自体ができない場合
  • 唾液や痰が多く、自力で排出することが困難な場合
  • ミルクなどが肺に入り、誤嚥による肺炎を繰り返す場合

気管切開の種類

単純気管切開(一時的気管切開)

  • 痰の吸引と定期的な気管カニューレの交換が必要
  • 吐いた息が声帯を通れば、スピーチバルブなどを使って声を出せる
  • 呼吸状態が安定すれば、気管切開を閉じられる

咽頭全摘出/咽頭分離/声門閉鎖(永久的気管切開)

  • 口鼻と気管が分離されるため、誤嚥がなくなる
  • 吐いた息が声帯を通らないため、声は出せなくなる
  • 咽頭分離の場合は、理論上は元の状態に戻すことが可能

気管切開の管理

日常ケアについて

気管切開の手術を行うと、「気管カニューレ」と呼ばれる、気管切開孔を保持し、気道の流れ道を確保するためのチューブを入れることになる。
気管カニューレを入れると、以下のような日常ケアが必要となる。

  • カニューレ及びカニューレを固定するバンドの交換
  • 気管内吸引(痰の吸引
  • 気管切開孔周辺の皮膚ケア
  • 人工鼻による加湿

永久的気管切開では、気管切開孔が安定していれば、気管カニューレを入れない(カニューレフリー)で生活する場合もある。

合併症について

気管に直接、気管カニューレや吸引のためのカテーテルを入れるため、気管が傷ついたり肉芽(おでき)ができたりすることがある。
出血がある場合などは、すぐに医師に相談する。また、定期的に気管内の検査をしてもらう。

生活上の注意点

食事について

  • 飲み込みに問題がなければ、口から食事ができる。
    単純気管切開では、誤嚥による肺炎を繰り返すようなときは、口からの食事を制限される場合もある。
  • 食事中の吸引は嘔吐につながりやすいため、吸引を浅めにしたり、短時間にしたりして慎重におこなう。

入浴について

  • 気管切開孔にお湯が入らないよう注意する。髪を洗うときは首回りにビニール製のエプロンをつけたり、浴槽に浸かるときは胸の高さまでにしたりする。
  • 人工鼻のフィルターが濡れると通気口がつまり呼吸ができなくなるため、入浴時はフィルターを外した人工鼻に付け替える。

乾燥対策について

口や鼻で加湿されることなく直接気管へ外気が流れこむため、乾燥して痰が固くなりやすい。冬は特に乾燥しやすいため、濡れたタオルをぶら下げたり、加湿器を使ったりして、室内の湿度を高める。
あまりに痰が固くなる場合は、吸入器(ネブライザー)で気管を直接加湿したり、お薬で痰を出しやすくしたりする。

その他

気管カニューレが抜けたり、気管切開孔が詰まって閉じたりしないよう注意して生活をすることになる。
緊急時の対応について、事前に医師と相談しておくとよい。

出典