【クラウドファンディング】難病・重度障害者用の意思伝達装置の開発に向けて

みなさんこんにちは、アンリーシュのなおこです。

今日は、とあるクラウドファンディングをご紹介します!タイトルはこちら↓

それではどんな内容なのか、詳しく見ていきましょう。

重度障害者用の意思伝達装置とは

みなさんは、「レッツ・チャット」というものを知っていますか?

手元のスイッチのみの操作で文章を作成できる機器で、言語及び上肢が不自由な方のためのコミュニケーションツールです。

パナソニックが開発・販売していましたが、2019年の7月で生産は終了していました。

パナソニックで販売されていたレッツ・チャット

理由は、パソコンやタブレットなどの進化により、代替品での利用が可能と判断されたためです。

ですが、シンプルで使いやすかった製品の再販を望む声が多く、開発者の方が、ある決断をされました。

クラウドファンディングで資金を調達し、再開発へ

パナソニックで「レッツ・チャット」を考案し、開発を担当していたのは、松尾光晴さんという方です。

松尾さん!

製品の考案者である松尾さんは、レッツ・チャットの代替機となる意思伝達装置を開発するために、パナソニックを退社し、新たに会社を設立されました。

そして立ち上げたのが、このクラウドファンディングなのです。

多くの人に知ってほしい

「資金の調達だけでなく、多くの人に、この意思伝達装置の存在や、その利用者さんの存在を知ってほしい

そんな思いが、松尾さんにはあると言います。

 

現在、医療的ケア児、そして障害児 者のサポートを目的とするクラウドファンディングは増えてきています。

クラウドファンディングが多くの人の目に留まることにより、医療的ケア児とはどんな子どもたちなのか、少しずつでも広がればいいなと私たちアンリーシュも思っています。

利用者さんの素敵な笑顔!

重度障がい者の意思疎通を実現する、新しい伝達装置を開発したい!

(支援募集は3月19日(木)午後11:00まで)

【意思伝達装置】とは?言語や肢体が不自由でも、コミュニケーションが取れる装置

2020年2月18日


***

医療的ケア児や難病というのは、人数が少なくそもそも知らない人が多いです。なので、一人でも多くの人に知ってもらう事が大切だと思っています。

アンリーシュYouTubeチャンネルの登録者数を1万人にして、多くの人に知ってもらいたいと思います。
チャンネル登録やシェアしていただけると幸いです。