医療的ケア児と共に生きる

日常生活体験談

【子供が障害児だったら人生諦める?】子供が大好きだからこそ働くことを選んだ母親として伝えたいこと

こんにちは!そうまママこといわしたいずみです。そうまは脳性麻痺の6歳の男の子です。 子どもが障害や病気を持って生まれたとわかった時、本当に悲しく辛く、絶望的な気持ちになると思います。 私もそうでした。自分の子どもを健康に…

インタビュー

【病児の父として】「世の経営者は変わらなければならない」グローウィル国際法律事務所 中野秀俊さんインタビュー

IT企業の弁護士としてグローウィル国際法律事務所を経営する弁護士の中野秀俊さん。 難病の息子が生まれ、経営者としての考え方も大きく変わったといいます。 難病の息子が生まれて、生活が激変 (アンリーシュ公式YouTubeで…