医療的ケア児を預かる&母親が集まって働く施設Burano(ブラーノ)

茨城県古河市にある「Burano(ブラーノ)」は、デイサービスとして重度障がい児を預かると同時に、建物内で母親・家族が集まって働くことができる施設。

建物の中にきょうだい児のためのスペースもあり、「医療的ケア児」「きょうだい」「母親」が同じ空間で過ごせるように配慮されている。

1階が医療的ケア児と看護師・保育士が過ごすスペース、2階が母親が働くスペースとなっている。

母親たちはクラウドソーシングを利用したり、発注元の企業から直接仕事を受け、これを分配する形で事業を運営する。

このことで、「子供たちの預かり先」と「母親たちの社会参画」の両方を実現していく。

Buranoは、健常児の母親も働いており、医療的ケア児との関わりが増えることで、障がいをフラットに理解しあえる環境である。

 

Burano(ブラーノ)

名称:一般社団法人Burano

フリガナ:イッパンシャダンホウジンブラーノ

代表者:秋山 未来

設立年月日:平成29年8月16日

法人区分:一般社団法人(非営利型)

所在地:〒306-0231 茨城県古河市小堤1881-13

電話番号:0280-23-4490

HP:http://burano.or.jp/

 



***

医療的ケア児や難病というのは、人数が少なくそもそも知らない人が多いです。なので、一人でも多くの人に知ってもらう事が大切だと思っています。

アンリーシュYouTubeチャンネルの登録者数を1万人にして、多くの人に知ってもらいたいと思います。
チャンネル登録やシェアしていただけると幸いです。