てんかんの子どもも入れる!?「ぜんちのあんしん保険」【病児・障害児向け】

ぜんちのあんしん保険」は、知的障がいや発達障がい、てんかんの方向けの専用保険です。

障がいやてんかんがあっても入れる保険は数少なく、また年齢が18歳以下となるとほとんど存在しません。

今日はそんな数少ない、18歳以下の病気の子どもも入れる保険の一つ、「ぜんちのあんしん保険」についてご紹介します。

ぜんちのあんしん保険とは?

ぜんちのあんしん保険は、エクセルエイドの糖尿病保険と同じく「少額短期保険」で、ぜんち共済という会社が運営しています。

一般の保険と異なり、1年間の短期契約で、1年ごとに更新となります。

また、知的障がい・発達障がい・てんかんの方向けの専用保険となり、加入できる人が限られています。

ぜんちのあんしん保険に加入できる人

ぜんちのあんしん保険に加入できる年齢は、満5歳~満74歳までです。

加入対象となる人は限られていて、

  • 知的障がい
  • 発達障がい(自閉症、アスペルガー症候群、AD/HDなど)
  • ダウン症
  • てんかん
  • 上記内容に当てはまる方とそのご家族、ご親族
  • 当社(ぜんち共済)が認める方、及び当社が認める団体・施設・企業に所属している職員の方とそのご家族

となっています。

加入対象者の範囲がかなり狭く限られていますのでご注意下さい。

病気があっても入れます

ぜんちのあんしん保険は、すでに病気があってお薬を飲んでいる方でも入ることができます。

ただし、保険金が支払われるのは、加入後に発症した病気やケガのみが対象です。つまり、現在お薬を飲んで治療している病気は保障の対象外となります。

ただしそれには例外があり、ここからが「ぜんちのあんしん保険」の一番の特徴です。

ぜんちのあんしん保険で常に保障される病気

ぜんちのあんしん保険は、精神遅滞、発達障がい、ダウン症、てんかんが原因での入院は、それが保険加入以前からの持病であっても、保険金が支払われます。

とてもありがたいですね!

ですが、

  • 精神疾患(例:統合失調症、うつ病、適応障害など)により入院した場合
  • 契約前から入院中である場合、または契約前に入院治療の予定が決まっている場合

は、保険金が支払われません。このあたりはぜんちのあんしん保険HPに詳しく載っていますのでご確認下さい。

ぜんちのあんしん保険はいくら?

支払額はプランによって変わってきます。

年額18,500〜43,500円までいくつかのプランがあり、保障内容も変わってきますので、こちらのページで確認してみてください。

保障内容と保険料についてのページ

ぜんちのあんしん保険の加入方法

加入は、「ぜんちのあんしん保険」HPからのweb申し込み、または資料請求をして郵送での申し込みも可能です。

もちろん資料請求や問い合わせは無料となっていますので、まずは資料請求をしてみても良いでしょう。

資料請求はこちらからできます

また、パンフレットをネットで見ることもできます。

パンフレットのページはこちら

また、全国各地に代理店もありますので、代理店を検索してそちらに問い合わせてみても良いと思います。

代理店の検索ページはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今日は知的障がいや発達障がい、てんかんの方向けの専用保険である「ぜんちのあんしん保険」についてご紹介しました。

18歳以下の持病がある子ども向けの保険は他にも、

病気のお子さんも入れるコープ共済「たすけあい」

糖尿病のお子さんが入れるエクセルエイドの「糖尿病保険」

知的障害児者・自閉症児者の専用保険生活サポート総合保障制度

が存在します。お子さんの持病や状態に合わせてご検討下さい。

がんばるお子さんやパパやママ、全ての支援者の方の、少しでも助けになれば嬉しいです。



***

医療的ケア児や難病というのは、人数が少なくそもそも知らない人が多いです。なので、一人でも多くの人に知ってもらう事が大切だと思っています。

アンリーシュYouTubeチャンネルの登録者数を1万人にして、多くの人に知ってもらいたいと思います。
チャンネル登録やシェアしていただけると幸いです。