初めての訪問美容! 医療的ケア児 在宅カット体験

みなさんこんにちは!アンリーシュライター、なおこです。私は普段、フリーの美容師として活動しています!

先日、アンリーシュ代表 金澤裕香宅を訪問し、5歳になる娘さん、菜生ちゃんをカットしてきました。

YouTubeでも生ライブ配信をし、そして現在動画としても投稿されている当日の様子を、美容師としての視点で振り返ってみたいと思います。

YouTube動画はコチラ!

医療的ケア児 在宅訪問美容体験 前編

医療的ケア児 在宅訪問美容体験 後編

 

まずは事前準備

私自身も初めてとなる、医療的ケア児の在宅カット。

特に菜生ちゃんは、首もすわらず、24時間経管栄養のチューブがついているとの話を事前に聞いていたので、どういった状態でカットするか悩みました。

ママにだっこしてもらってカットするか、寝たままの状態でカットするかのどちらかだとは思いましたが、寝たままにしても、できれば床でカットしたい。(ベッドの上で施術すると、ベッドが毛まみれになるため)

後は当日行ってみないとわからないと思いました。

こちらで用意して行ったものは、美容ハサミ、水スプレー、母親用カットクロス、子供用カットクロス。

また、当日用意してもらったものとして、タオル(3枚程度)、大きめのゴミ袋(切って床に敷いた)、ガムテープ、ティッシュ、ヨガマット、眉毛シェーバーがありました。

そして、絶対持って行った方が良かったもので、私が忘れたのが、コロコロ!

これです

これは、痛恨のミスでした。コロコロは、洋服や床に付いた髪の毛を取るのに、絶大な威力を発揮します。

ああ何で忘れたんだろう…コロコロ…(おかげで、最後に髪の毛取りをする時に、ガムテープでものすごい回数ペタペタする羽目に!)

菜生ちゃんとご対面

初めてご対面した菜生ちゃん。

髪の毛が…多い(笑)。ふさふさしています。髪だけでなく、眉毛も立派です!

ママの悩みとしては、

  • ほぼ仰向けで寝たきりなので、後頭部の髪がものすごく絡まる
  • 髪の毛が上に向かい立ってしまう
  • 女の子らしい髪型にしたい

 

という3点でした。それを受けた私の提案としては、

  • 襟足は短く切ることで絡まりを緩和
  • 毛流れを考えて切ることで立ち上がりを抑えたい
  • 顔周りを長めに残すことで女の子らしい髪型に

 

と提案させて頂きました!また、菜生ちゃんは、ほぼ仰向けで寝たきりの生活なので、寝たままの状態で一番可愛く見えるようにカットしたいなと思いました。

大活躍のヨガマット

結局、菜生ちゃんはあまり動かず寝たままだったので、寝た状態でカットすることに。しかしそのままフローリングの床に寝かせるのはかわいそう。

ここで、大活躍したのがヨガマット!金澤宅にヨガマットがあって良かった!奇跡!

ヨガマットを床に敷き、その上に切ったゴミ袋を重ね、その上に菜生ちゃんに寝てもらうとめっちゃいい感じに!ここからカットスタートです。

ヨガマット素晴らしい。いずれ他のお宅に在宅カットに伺う時にも、持っていこうと思いました。軽いし。

大活躍!

途中でたんの吸引

普段、お店でカットする時は、1人につきかなり時間がかかっても30分ほどで終わります。今回も、それぐらいで終わると思っていました。

しかし、トラブルが続々と発生!

まず、ベッドから床に降りてもらったために、様々な器具を所定の位置から移動しなければいけませんでした。モニター類やチューブ類、吸引器など、この移動とセッティングで、15分くらいを要したと思います。

そして、たんの吸引です。たんの吸引は、15分に1回必要なのです。しかし、実際は15分に1回以上やってたと思います。

アラームが鳴るのです…アラームが鳴ると吸引です。

サチュレーションが低下

サチュレーションという、血液内の酸素濃度を示す値があります。この値が、一定値を下回るとアラームが鳴ります。

菜生ちゃんをカットしていると、いろんなアラームが鳴って、その度に何かしらの処置が必要になりました。

めっちゃ鳴るんですよ…アラーム。

そしてこのサチュレーションが何度か低下したために、途中で人工呼吸器を装着することになりました!

めちゃくちゃ重い在宅酸素の機械

しかし、菜生ちゃんは定位置のベッドから移動していたため、酸素を発生させる機械からチューブを伸ばすも、届かず。やむなく機械ごと移動させることになりました。

そしてこの機械、めっちゃ重いんですよ!めっちゃ重いんです!正直、移動を前提にしていない機械です。

そして、それを無理やり引っ張って移動させたために、電源プラグが抜け、同じプラグに刺さっていたWi-Fiも抜け、動画配信が一時中断することに…泣

 

そうこうしている間に何とかカットは終わり、最後に眉毛をシェーバーで整えます。眉毛が整うと、とても可愛くなりました!

眉毛大事です。常々やってあげて欲しい所ですが、でも人の眉毛を整えるのって怖いんですよね。

終了!トータル2時間はかかりました

当初、保育士さんが12時に来るので、それまでにカットを終わらせたいとの事でした。動画配信スタートが11時。1時間あれば余裕で終わると思っていましたが、途中発生した様々なトラブルにより、終了予定の12時をオーバー。

貴重な保育の時間に食い込んでしまいました…

やはり、たんの吸引や呼吸器装着などの処置が多く必要で、その度に色々な機械やチューブを引っ張ってきたりと、思ったより時間がかかったんですね。

セッティングから、掃除まで全て終わらせて、トータルで2時間はかかったと思います。

次は、何があってもすぐに対応できるように、機械類などを全て近くに配置した上でカットを始めた方がいいと思いました。

えり足スッキリ!

いかがでしたでしょうか。

医療的ケア児の在宅カット、まだまだ事業化している所は少ないと思います。ただ、こうしてお宅に伺い、カットできるというのは、美容師としても非常に貴重な経験でした。

在宅カットがもっと気軽に利用できるようになればいいし、アンリーシュでもいずれそういった取り組みができればと思っています。