療育センター とは

(読み方)りょういくせんたー

解説

療育センターとは、発達障害や自閉症、肢体不自由など障害のある子どもに対して、医療や保育、機能訓練などを行う施設のこと。

医師、保育士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、言語療法士、臨床心理士、児童指導員、介護福祉士など専門家が子どもの状況に合わせて指示し、リハビリを受けることができる。

 

*療育センターを利用するには、お住まいの市区町村役所で各受給者証の交付を受ける必要がある。

 

  • 療育センターを利用することで、親だけでは引き出せなかった子どもの力を知ることができる
  • 母子分離スタートで親御さんに時間ができ、在宅の仕事や親自身が自分のために時間を使うことができる
  • 社会的な居場所ができ、安心感を得る

などのメリットがある。

 

【関連記事】

リハビリ について知る!「PT」「OT」「ST」とは?

 

出典

 

mamari: https://mamari.jp/4639

 

 

療育センターで専門家によるリハビリを受けることで、子供の成長にも変化が出そうですね。

我が家は装具や座位保持椅子なども療育センターで製作しており、日々の生活に欠かせないものとなっています。

お子さんの成長を見守るためにママの健康は欠かせません。 普段中々健康診断や検査に出かける時間のないママは、“自宅で受けられる人間ドック”を検討してみてはいかがでしょうか。 【自宅で受けられる人間ドック】乳がんや糖尿病、動脈硬化等など 女性がかかりやすい病気を簡単に検査可能 女性がかかりやすい病気を幅広く調べることが可能です。