【山口県】県内の医療的ケア児が150人と公表

山口県は7日、県内の医療的ケア児が150人んいることを公表した。これは国が発表している水系よりも多い結果となった。

県内では受け入れ施設が少ないため、家族の負担も浮き彫りとなった。

医療圏域別では下関が37人と最多。

なお、山口県では「山口県医療的ケア児支援地域協議会」が立ち上がっており、医療的ケア児とその家族が身の状況に応じた適切な支援を受け、地域において安心して生活できるよう情報共有を図る動きが進んでいる。



***

医療的ケア児や難病というのは、人数が少なくそもそも知らない人が多いです。なので、一人でも多くの人に知ってもらう事が大切だと思っています。

アンリーシュYouTubeチャンネルの登録者数を1万人にして、多くの人に知ってもらいたいと思います。
チャンネル登録やシェアしていただけると幸いです。