【東京都世田谷区】 医療的ケア児の外出支援にふるさと納税で寄付をしよう!500万円の資金調達が目標

東京都世田谷区とふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンクは、医療的ケア児の家族の外出支援を目的としたプロジェクトのため、500万円の資金調達を開始した。

募集期間は2019年10月17日から、2019年12月31日までの76日間。(延長の可能性あり)

ふるさと納税を利用した寄付の仕組みを使った、新しい資金調達のやり方として注目を集めている。

ふるさと納税を利用した寄付の仕組みとは

ふるさと納税とは、個人が自分の好きな自治体へ地方税を納めることのできる仕組み。

納税という名前だが、実際は各自治体への寄付という形になっている。

寄附をした分だけ現在住んでいる自治体への納税が減るイメージだ。

ふるさと納税+クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、広く出資者を公募し、資金を調達する方法。

今回、世田谷区は、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」とタッグを組んだ。

ふるさとチョイスでは、利用者が各自治体のプロジェクトへ、ふるさと納税という形で寄付をする事ができる、「ガバメントクラウドファンディング」を展開。

各自治体はプロジェクトを明確化して寄付を募り、利用者は自分の納得のいくプロジェクトに税金を払う事ができる。

本プロジェクトの資金の使い道

今回の世田谷区のプロジェクトは、2020年度、医療的ケア児ときょうだいの支援のため、医療的ケア児のファミリーをキャンプなどに招待するための資金500万円を調達すること。

資金の使い道として、一般事業者から、医療的ケアが必要でも障害があっても、子どもが子どもらしい経験をすることができ、そのファミリーが笑顔になれるようなイベントの提案募集をする。

寄附金を活用し、一団体による企画の経費を上限100万円まで、年間最大5団体に補助予定。主にバスやタクシーなどの交通費、医師、看護師、保育士など専門スタッフの人件費などを想定している。

ふるさと納税の返礼品として、事業実施後にイベントの様子をまとめた冊子と、区内の障害者施設の自主生産品のサンプルが届く予定。

プロジェクト概要

【プロジェクト名】医療的ケア児とファミリーに楽しいひとときを!
【目標金額】500万円
【募集期間】2019年10月17日~2019年12月31日(延長の可能性あり)
【寄附金の使い道】医療的ケア児とファミリーをキャンプなどの外出イベントに招待する事業の経費補助
【プロジェクトURL】https://www.furusato-tax.jp/gcf/669

 

 



***

医療的ケア児や難病というのは、人数が少なくそもそも知らない人が多いです。なので、一人でも多くの人に知ってもらう事が大切だと思っています。

アンリーシュYouTubeチャンネルの登録者数を1万人にして、多くの人に知ってもらいたいと思います。
チャンネル登録やシェアしていただけると幸いです。