【大分】医療的ケア児の保育所、幼稚園での受け入れを開始

大分市は、日常的に医療的ケアを必要とする集団保育が可能な就学前の子どもが市立保育所や市立幼稚園に在籍する場合に、その施設へ看護師を派遣して医療的ケアを行う「大分市医療的ケア児教育・保育事業」を開始した。

医療的ケア児が保育所や幼稚園に通う際は、これまでは保護者の付き添いが必要だったが、施設に看護師が派遣されることで保護者が付き添わなくてもよくなる。これにより保護者の負担が大幅に軽減することが期待できる。

大分市はこれまで、医療的ケア児が通う市立小中学校に看護師を派遣して週3回ケアを実行していたが、その支援対象を未就学児まで拡げた。

制度の利用を希望する場合は、大分市のホームページにて詳細確認のこと。