【福岡県】柳川市 医療的ケア児の在宅レスパイト事業をスタート

福岡県柳川市では医療的ケア児の在宅看護や介護を行う家族の負担軽減のため、令和元年8月から指定する訪問看護ステーションを利用する際、費用の一部を助成すると発表した。

助成を利用できる対象者

人工呼吸器管理・痰吸引・経管栄養など医療的ケアが必要かつ、次の要件すべてに該当する児童を看護する保護者等

  • 柳川市内に住所を有すること
  • 0歳から18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にあること
  • 在宅で同居の障がい児等の保護者又は障がい児等の介護を行う者(以下「保護者等」という。)による介護を受けて生活していること
  • 医師の訪問看護指示書(保険医療機関及び保険医療養担当規則第19条の4第1項の規定に基づく訪問看護指示書)による医療的ケアを必要としていること
  • 訪問看護(健康保険法(大正11年法律第70号)第88条第1項に規定する訪問看護)により医療的ケアを受けていること

助成金額

指定訪問看護ステーションが、在宅の医療的ケア児を対象に、家族に代わって看護を行う一日当たりの時間から健康保険法の適用対象となる訪問看護の時間を控除した時間×7,500円(時間単価)
*ただし一時間未満切捨て・一人につき一年度48時間を上限

申請方法

所定の申請書を利用する指定訪問看護ステーションを経由して柳川市に提出。

申請書はこちら