【長崎】医療的ケア児 包括支援へ 枠組み構築、協議の場設置

 

長崎市議会は今月2日、痰の吸引経管栄養などの医療的ケアが日常的に必要な「医療的ケア児」について、的確な支援につなげるための包括的支援の仕組みを構築する方針を示した。
関係機関でつくる協議の場を設置し、検討を進める。

増加する医療的ケア児

たんの吸引や経管栄養などを必要とする医療的ケア児は、現在全国に1万9千人以上いるとされ、さらに増加する傾向にある。
長崎市の障害福祉課によると、この推計に基づき、市内には50~60人の医療的ケア児がいるとみられている。
厚生労働省は2016年に、医療的ケア児の支援について、関係機関で協議する場を設けるよう各自治体に通知。
今年6月現在、県内では県と12市町が同様の場を設置している。

ライフステージに応じた包括的支援を

現在、医療的ケア児の支援体制は、就学前と就学後で大きく異なる現実がある。
そもそも、就学できるのかという問題もあり、医療的ケア児の支援には課題が多い。

長崎市議会の柿田議員の質問に対し、山口伸一福祉部長は、

「(医療的ケア児の)個々の状況、ライフステージに応じた切れ目のない適切な支援の充実に取り組んでいきたい」

と述べた。