NPO法人フローレンス、日本初の医療的ケア児専門のシッター事業を発表

NPO法人フローレンスは、医療的ケア児を育てる家族のレスパイト(一時休息)、就学年齢の医療的ケア児のニーズに対応するため、新規事業「医療的ケアシッター ナンシー」を立ち上げる。

新規事業を立ち上げるにあたり7月31日に記者会見を開催する。

 

記者会見概要

日 時: 2019年7月31日(水) 記者会見13:00~14:00 (受付12:40開始)

場 所:厚生労働省記者クラブ会見室(千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎第5号館9F)

登壇者:
認定NPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹
医療的ケア児とそのお母さん
合同会社西友 執行役員 SVP(シニア・バイス・プレジデント)CHRO(チーフ・ヒューマンリソース・オフィサー)黒川華恵
一般財団法人村上財団代表理事 村上絢
認定NPO法人フローレンス「医療的ケアシッター ナンシー」看護師 小田結紀

会見内容:
●新規事業「医療的ケアシッター ナンシー」事業概要紹介と事業立ち上げ経緯

●医療的ケア児とご家族が感じる課題について

●新規事業に資金提供をいただいた企業と財団から支援に込めた思いの紹介

●医療的ケアシッターの新たな可能性について

 

***

合わせて読みたい!

【独占インタビュー】朝霞市の居宅訪問型保育事業実現への取り組み

 

フローレンス駒崎氏のアドバイスが大きく影響した一人の女性の活動インタビュー!

「頑張ったらできるかもしれない」から始まった医療的ケア児の保育を目指す一人の女性(埼玉県朝霞市)



***

医療的ケア児や難病というのは、人数が少なくそもそも知らない人が多いです。なので、一人でも多くの人に知ってもらう事が大切だと思っています。

アンリーシュYouTubeチャンネルの登録者数を1万人にして、多くの人に知ってもらいたいと思います。
チャンネル登録やシェアしていただけると幸いです。