【札幌市】病院や人工呼吸器などを使用する在宅障害者への支援費など予算化へ

6月4日、札幌市の秋元市長は今年度の補正予算案を発表。

補正額およそ34億円のうち、13.8億円が病院や人工呼吸器などを使用する在宅障害者への非常用電源設置の支援費など「ブラックアウト対策」として計上されている。

震災対策など生活防衛に繋がる予算案となっている。

北海道・札幌市での医療的ケア児への取組に、今後も注目していきたい。

 

 

 



***

医療的ケア児や難病というのは、人数が少なくそもそも知らない人が多いです。なので、一人でも多くの人に知ってもらう事が大切だと思っています。

アンリーシュYouTubeチャンネルの登録者数を1万人にして、多くの人に知ってもらいたいと思います。
チャンネル登録やシェアしていただけると幸いです。