厚生労働省 医療的ケア児の支援で新規事業をスタート

厚労省は3月7日、障害保健福祉関係主管課長会議を開催し、医療的ケア児やその家族への支援の新規事業等について説明した。

2019年度予算案では、従来の関連事業を組み替え、新たに「医療的ケア児等総合支援事業」を創設したことを説明し、実施要綱の通知案を示した。4月から実施する予定だ。

事業の実施主体は都道府県及び市町村。

事業内容は、

①医療的ケア児等の支援に関する協議の場の設置

②医療的ケア児等支援者養成研修の実施 (医療的ケア児等コーディネーターの養成)

③医療的ケア児等コーディネーターの配置

④併行通園の促進

⑤医療的ケア児等とその家族への支援

の5項目。

「医療的ケア児等コーディネーター」とは、医療的ケア児等の支援に関わる関係機関との連携(多職種連携)を図り医療的ケア児等の支援を総合調整する役割。

事業が拡がり、医療的ケア児を持つ家族に届くことを願っている。

 

24時間続く医療的ケアはお母さん達の負担も大きくなりがち。 家事代行サービスなどを活用して、少しでもお母さん自身が休む時間が作れますように! 【料理から掃除まで】関東中心の家事代行サービス!


***

医療的ケア児や難病というのは、人数が少なくそもそも知らない人が多いです。なので、一人でも多くの人に知ってもらう事が大切だと思っています。

アンリーシュYouTubeチャンネルの登録者数を1万人にして、多くの人に知ってもらいたいと思います。
チャンネル登録やシェアしていただけると幸いです。