居宅訪問型保育事業とは

(読み方)きょたくほうもんがたほいくじぎょう

解説

平成27年4月から始まった新しい制度による保育で、地域型給付という保育制度を利用しています。

地域型給付と呼ばれるベースの仕組みは国(内閣府、文部科学省、厚生労働省)が用意し、その仕組みを各基礎自治体ごとに地域の保育需要にあった形で運用しています。

基本的には子供の自宅に保育者が出向き、1対1で保育を行います。

障害・疾患などで個別のケアが必要な場合や、施設がなくなった地域で保育を維持する必要があるなどの場合に使われます。

居宅訪問型保育事業のメリット
  • 感染症の心配が少ない
  • 1対1なのできめ細やかな保育ができる
  • 怪我や事故のリスクが少ない
  • 子供が慣れている自宅での保育

出典

サンフラワー・A株式会社:https://sunflower-a.com/home-visit/