児童福祉法とは

 

(読み方)じどうふくしほう

 

解説

戦後まもない1947年、戦争で親をなくしたり、家が焼けて住むところをなくしたりした子どもたちの、健やかな成長と最低限度の生活を保障するために制定された。

すべての子どもの幸せを保証する法律。

2016年「医療的ケアが必要な子ども」の存在を明記する法改正がなされた。

 

児童福祉法と医療的ケア児

第56条の6第2項

地方公共団体は、人工呼吸器を装着している障害児その他の日常生活を営むために医療を要する状態にある障害児が、その心身の状況に応じた適切な保険、医療、福祉その他の各関連分野の支援を受けられるよう、保険、医療、福祉その他の各関連分野の支援を行う機関との連絡調整を行うための体制の整備に関し、必要な措置を講ずるように努めなければならない。

 

出典

「医療的ケア」の必要な子どもたち 内多勝康 著