【岩手県】重症心身障害児の受け入れ施設増設へ

岩手県は県内の重症心身障がい児・者の受け入れ態勢をの整備を進めていく。

具体的には、

  • 5月9日、医療型入所施設みちのく療育園(伊東宗行施設長)が6床増の60床とする増築工事をすすめる。
  • 6月、盛岡市青山の国立病院機構盛岡医療センターが40床を新設することが予定されている。

合わせて46床を増設することになる。

岩手県の昨年10月時点での入居待ち状態(待機者)は54人以上いたという。

岩手県の重症心身障害児・者数と受け入れ施設数

岩手県の重症心身障害児・者数は2015年4月時点で588人。2年前より34人増加。

一方で受け入れ可能な病院・施設は、県内に5か所で定員は400人。

施設や床数、医療機器や看護師スタッフが足りずこれまで課題とされていた。

 

また、588人のうち、胃ろうやたん吸引など医療的ケアが必要な人は、179人(全体の30%)だと公表している。