神奈川県相模原市 小中学校に看護師を配置する取り組みをスタート

相模原市は2019年度、日常的に医療的ケアが必要な子ども(医療的ケア児)のため、市立小中学校に看護師を配置する取り組みを始める。たんの吸引や胃や腸にチューブで栄養を注入する「経管栄養」などを行うことで、医療的ケア児の学校生活や学びを支える。配置する学校数は未定。

 市は19年度当初予算案に1221万円を計上し、12日開会の市議会に提案する。

医療的ケア児の数は年々増加しており、ケアの種類や程度も多様化している。

いわゆる重症心身障害児に該当する子供だけでなく、歩いたり活発に動き回ったりすることが可能なケースもあり、その子供のニーズにそくした教育体制のあり方が求められている。

相模原市では看護師の直接雇用の他、地域の訪問看護ステーションも活用しながら体制を整え、導尿や酸素ボンベの交換にも対応していく。

現在、教育現場では保護者が学校に同行して医療的ケアを担っている現状が多く見られ、保護者の大きな負担となっている。

教育・医療・地域の連携を確立することで、子供達の自立と保護者の負担軽減に繋がることを願うばかりだ。

 

 

埼玉県朝霞市で4月から 医療的ケア児 の居宅訪問型保育事業がスタート

2019年2月21日

【2019年度から大阪府で実施】介護タクシーで医療的ケア児の通学を支援(毎日新聞)

2019年2月7日