【2019年度から大阪府で実施】介護タクシーで医療的ケア児の通学を支援(毎日新聞)

医療的ケアが必要な子ども(医療的ケア児)で送迎が難しく、学校に通えない児童・生徒を支援する事業を2019年度から実施する方針を決めた。介護タクシーに看護師が同乗する仕組みで、新年度予算案に運営費約2500万円を計上。モデル実施を経て21年度の本格運用を目指す。

18年度は支援学校に在籍するケア児のうち、160人がバスを利用できず、うち約130人は保護者らが送迎して通学しているが、残る約30人は保護者に運転免許証がないなどの理由で学校に通えず、自宅に教諭が赴く訪問教育を実施している。

モデル実施の対象は訪問教育を受ける児童が在籍する5校5人(新入生含む)。検証を経て21年度には通学バスに乗れない全員を対象にすることを目指す。

医療的ケア児の外出は就学・通学に関わらずとても大変な状況だ。自家用車を持っていない家庭はタクシーを利用することが多いが労力・費用の両面で負担が大きい。

大阪府のこの取り組みにより移動に関する負担が減ることを願っている。

またこの記事も含め大阪府は医療的ケア児の就学について全国の中でもトップクラスに進んだ取り組みをしている。今後も各自治体のロールモデルになる取り組みを実施していってほしい。

 

 

【岡山県初】特別支援学校で人工呼吸器を使う児童を受け入れる

2019年5月1日

医療的ケア児 の学習機会を確保にむけて。神奈川県相模原市、公立小中高に看護師を4人配置。

2019年4月6日