学校における医療的ケアの実施に関する検討会議の中間まとめ(文部科学省)

(2018年6月20日発表)

このたび、「学校における医療的ケアの実施に関する検討会議」において、中間まとめが取りまとめられました。
 文部科学省では、これまで「特別支援学校等における医療的ケアの今後の対応について(平成23年12月20日23文科初第1344号初等中等教育局長通知)」により、特別支援学校等において主として特定行為を実施するに当たっての留意事項を各教育委員会等に示し、実施体制の整備を促すとともに、学校への看護師の配置に係る経費の一部補助や、酸素吸入や人工呼吸器の管理等の特定行為以外の医療的ケアを念頭に置いたモデル事業を実施するなど、その支援に努めてまいりました。

 

学校で医療的ケアのある児童を受け入れる体制を検討しているとのこと。

しかし医療に関する専門性を絶対条件として考えているからその体制をどう構築するかを重要課題と考え、協議を今後もすすめていく。

行政・地域・医療機関・専門性の高い団体・保護者・学校・福祉局・教育委員会など多様な関係者の足並みが揃い問題解決に向かうことが必要である。