医療ケア:チューブでご飯を食べる

こんにちは!
unleash代表のゆーかです。


皆さん、お鼻にチューブを通した子供を見かけたことはありますか?


食べ物を飲み込む機能が人よりも弱かったり、消化器官に障がいがあるなど、お口から栄養摂取が難しい場合、チューブを使いながら栄養をとっている子供達がいます。

うちの娘もその一人でした。
今日はちょっとだけ、チューブを使った栄養の取り方をご紹介します!

医療的ケア を知る!まず最初に読みたい記事5選!

2019年4月1日

 

チューブから栄養を摂る?

経管栄養とは口から食事をとれない、摂取が不十分な場合、消化管内にチューブを挿入して栄養剤を注入し、栄養状態の維持・改善を行います。

お鼻→ほっぺと続いている細いチューブ、これが経管栄養のチューブです。私たちは「鼻チューブ」「鼻チュー」と呼んだりします(^^)

これを通して、栄養剤やミキサー食を注入します。

引用:国立がん研究センター がん情報(https://ganjoho.jp/public/index.html)

経鼻チューブ挿入の長さは、だいたい45〜55cmくらいです。
鼻からのど、食道を通り、胃や腸まで続いています。

チューブの先に、ポンプと呼ばれる機械や栄養が入っているボトルをつなぎ、栄養を入れていきます。

私が最初にこの栄養の取り方を知った時に「面白い~!」と思ったこと。

それは、チューブがどこまで続いているかで色分けされていること。

鼻チューブの種類

チューブには
鼻から胃まで
鼻から腸までの2種類が存在します。

上の写真は青色のチューブ。これはEDチューブと呼ばれる腸まで通っているチューブです。


胃が正常に動いていなかったり、胃の中のものが逆流してしまう時などに使用します。

消化器官である腸に直接入れるので、ゆっくり時間をかけて入れていきます。

経管栄養の使用で一番多いトラブルはチューブが鼻から抜けてしまうこと。
もし鼻から抜けてしまったらEDチューブの場合、病院で検査をしながら入れ直さないといけません。

ちなみにうちの娘はEDチューブの期間が長かったのですが、鼻がむずむずするのか、自分で引っ張ってよく抜いていました(^^;

1日2回抜いて病院に行ったり、年越しを病院で過ごしたり…

そんな中でチューブを抜かない工夫もたくさんしたので、また違う記事でご紹介できればと思います。

 

こちらのチューブは白色。これはNGチューブと呼ばれる胃までのチューブです。

胃袋に入るので、普通のご飯を食べるスピードで栄養を入れられたり、ミキサー食も入れることができます。

こちらはお鼻から抜けるトラブルがあった時は、家族がその場で入れ直すことが可能です。
お母さんは手技を覚える手間があるけれど、抜けるたびに病院に行かなくて済むのは本当に助かります。

子供によってはご飯の時だけチューブを入れる場合もあります。

町で見かけたら

未熟児の出生率が増加する中で、特に幼児期をチューブを使いながら生活する子供が増えています。


今日紹介したようなチューブを付けている子供達を町の中や遊び場で見かけたら、今日の記事を思い出して頂けると嬉しいです。

何のサポートも声掛けもなくても、存在を知ってもらっているだけで、ママや子供達は気が楽になると思います(^^)

訪問看護を使って生活する

2019年1月16日

——————————-

最後まで読んで頂きありがとうございました。

FBで随時情報発信しています。
「いいね」で応援とチェックよろしくお願いします。FB:https://www.facebook.com/unleash1220/