【兵庫県宝塚市】ぽっかぽか共生マラソン大会開催

令和2年2月24日(月・祝)の9時から、兵庫県宝塚市の武庫川河川敷で、第1回ぽっかぽか共生マラソン大会が開催されます。

ぽっかぽか共生マラソン大会

マラソンを通じて、年齢・障がい・文化などの違いに関わりなく、だれもが支え合うことで、主体的に参加できる社会づくりの促進を目的に開催します。

ホームページより

まさに、ダイバーシティなマラソン大会です。

このマラソン大会を企画したのは、ドラベ症候群を持つお子さん(きよくん)のお母さんです。

ドラベ症候群は、難治性のてんかん発作が主な症状で、小さい頃から様々な事柄で発作が誘発され、外出することもままならないケースも多いようで、発作が始まってしまうと、2時間や3時間止まらなくなることもあり呼吸困難に陥り命の危険にさらされることもあるようです。

きよくんの物語はコチラから。

めざせ!ユニバーサル大会

ぽっかぽか共生マラソン大会の特徴は、

  • 3歳から参加可能
  • 足こぎ車いす(その他歩行器等)でも参加可能
  • ペースメーカーランナーを配置
  • 障がい者用更衣室あり
  • 一往復の1.5キロでゴールも可能
  • 伴走ランナーをマッチング
  • 周回毎の記録配布
  • 何度でもハイタッチで励まし合える

 

この特徴、障がいのある子を持つ親にとっては、とてもありがたいことばかりです。

チャリティマラソンを見ていると「いいなぁ・・・家族で参加したいなぁ・・・」という気持ちになりますが、まず自分で歩けない子の場合、もし参加出来るとしても車いすでの参加になり、結局のところ自分で動くのではなく、押されている時間になってしまうのです。

それが、このぽっかぽか共生マラソン大会では、肢体不自由児(者)が自分で動くために使用している歩行器や足こぎ車いすでの参加も可能!

我が家でもいつかマラソン大会に家族で参加してみたいと思っていましたが、一人では歩くことのできない息子と参加することはハードルが高すぎて諦めていました。

でも、今回歩行器での参加も可能ということで、我が家もみんなで参加することにしました!

ちなみに、我が子はミニウォークという歩行器に乗って走ります。

また、伴走ランナーもマッチングしてくれるため、障がい児・者だけでの参加も可能です。

大会スケジュール

9:00~9:45  選手受付(宝塚市立中央公民館料理室)参加ハガキをゼッケン・リストバンド・参加賞と交換
 
9:30~9:45  開会式、準備体操
 
9:45~10:00  招集
 
10:00  種目別スタート(3時間走、2時間走、1時間走、3キロ、1.5キロの順)
 
11:10:1時間走表彰式
 
12:10:2時間走表彰式
 
13:10:3時間走表彰式
 
13:20:閉会式

エントリー申込み

エントリー締め切りは令和2年2月11日(火)です。

伴走ランナーも募集しています。経験はなくても練習会に参加すれば、伴走ランナーとして走ることが出来るようです。一緒に走ってみたい!と思われる方、ぜひエントリーしてください。

参加資格など

★参加資格:3歳以上 ※小学2年生以下は保護者同伴(申し込み必要)
★1.5キロ・3キロ・1時間走:大人(中学生以上)30名 1,000円 ※子ども(小学生以下)は締切り
★2時間走:中学生以上 70名 1,200円
★3時間走:16歳以上 1,500円 

参加者には、参加賞もあるようです。

申し込みはコチラからお願いします。

 



***

医療的ケア児や難病というのは、人数が少なくそもそも知らない人が多いです。なので、一人でも多くの人に知ってもらう事が大切だと思っています。

アンリーシュYouTubeチャンネルの登録者数を1万人にして、多くの人に知ってもらいたいと思います。
チャンネル登録やシェアしていただけると幸いです。